淡路島産野菜

兵庫県淡路島は、日本でも有数の野菜の生産地です。島ならではの温かい気候を活かして、淡路島産たまねぎ、淡路島産レタス、トマト、キャベツ等、淡路島産野菜は日本各地へ出荷されています。そんな淡路島で生産されている野菜の中でも廃棄野菜のみを使用したドッグフート・おやつを我々seaside kitchen(シーサイドキッチン)では製造・販売しています。ここでは、seaside kitchen(シーサイドキッチン)でも使用している淡路島産野菜をご紹介。
  • 淡路島レタス

    温暖な気候を活かして通年出荷が可能な淡路島産レタスは、シャキシャキな食感で甘みが特徴。

    旬な時期:10月~5月(通年)
    栄養素:ビタミンC・カリウム・食物繊維等
    効用:抗酸化作用・高血圧予防・整腸作用

  • キャベツ

    甘みが強い特徴がある淡路島キャベツは、「みはらの春」と呼ばれる淡路島のオリジナル品種がある程生産量が多い野菜の一つ。

    旬な時期:10月~5月(通年)
    栄養素:ビタミンC・ビタミンK・ジアスターゼ等
    効用:疲労回復・骨の形成・消化促進

  • にんじん(葉と根部分)

    栄養素が高い野菜のにんじんですが、実は葉の部分はカリウムや鉄が多く含まれており、隠れた栄養素が高い部分なのです。

    旬な時期:5月~7月(通年)
    栄養素:カロテン・カリウム・食物繊維等
    効用:肌の老化予防・高血圧予防・整腸作用

  • トマト

    肉厚で糖度やうま味成分が高い淡路島産トマト「はるる」を筆頭に、様々な栽培方法を駆使し通年出荷されています。

    旬な時期:10月~6月(通年)
    栄養素:ビタミンA・β-カロテン・リコピン等
    効用:脂肪燃焼効果・粘膜や皮膚の健康維持・視力維持等

  • じゃがいも

    犬の5大栄養素の一つであり、犬のエネルギー源の一つでもある糖類(炭水化物)が多く含まれています。

    旬な時期:8月~10月
    栄養素:炭水化物・ビタミンC・カリウム等
    効用:疲労回復・筋肉の維持・動脈硬化や脂肪肝予防

  • ブロッコリー

    淡路島の温暖な気候を活かし、淡路島北淡地域から栽培が始まり、現在は淡路島全土で栽培が拡大しています。

    旬な時期:10月~5月
    栄養素:ビタミンC・ビタミンE・葉酸等
    効用:疲労回復・風邪予防・老化防止